*

Yahooショッピングサーチの改変【パーソナライズ加点】

公開日: : 最終更新日:2017/01/19 Yahooショッピング SEO


Yahooショッピングサーチで大きな改変が行われました。

正確な時期は不明ですが、過去に見たことのある商品は上位表示されるようになりました。
過去に見たかどうかの判定は、ログインしているYahooJAPAN IDの閲覧履歴を元にしています。

実際にYahooショッピングで検索した事例

こちらがログインした状態です。
先程見た商品が1位になっています。
Yahooショッピングにログインした状態
全く同じパソコンでログアウトしてから、同じキーワードで検索してみました。
Yahooショッピングをログアウト
このように、先程1位だった商品が4位に落ちています。

Yahooショッピングサーチの変更内容

幾つかのキーワードで検証した結果、検索したお客様が過去に閲覧したことのある商品は順位を上げるロジックが追加されているようです。
なおどのぐらい上がるかについては、競合の状況もあるので事例のように1位になることもあれば、少ししか上がらないこともあります。
そして閲覧履歴はパソコンなどの端末単位ではなく、YahooJAPAN IDの閲覧履歴になっています。

行うべき対策

お客様が閲覧したことのある商品が、そのお客様の検索結果で上がる仕組みなので、まずは商品を見てもらう施策が重要になります。
回遊性の高いページづくりや、Yahooショッピングの機能である関連商品の設定など1商品でも多くお客様が興味を持ってクリックしてもらうことが大事になります。
またお客様が見たかどうかはパソコン単位ではなく、YahooJAPAN ID単位になっています。
そのためスマホで見たあと、パソコンで見た場合も同じYahooJAPAN IDであれば順位が上がるので、スマホページの回遊性も重要度がますます高くなっています。

関連記事

YahooショッピングSEO(6)発展編-3 PDCAサイクルを回す

今までYahooショッピングのSEO(サーチ対策)でどのように商品情報を変更すると順位が上がるか、ま

記事を読む

Yahooショッピング SEO (2)基礎編-2 プロダクトカテゴリとスペック

YahooショッピングのSEO(サーチ対策) 商品情報の適正化 前回の商品名のルールに続いて、

記事を読む

Yahooショッピング SEO(3) 基礎編-3 商品情報とキャッチコピー

YahooショッピングのSEO(サーチ対策) 商品情報の適正化 前回のYahooショッピング SE

記事を読む

Yahooショッピング SEO(7)3月14日から低評価でペナルティ

Yahooショッピングで2017年10月に発表された、評価が悪いショップはペナルティとしてサーチの順

記事を読む

Yahooショッピング SEO(5) 発展編-2 順位決定の仕組みとPRオプション

Yahooショッピングサーチで順位が決まるロジックYahooショッピングの検索ではどのような要素で順

記事を読む

Yahooショッピング SEO(1)基礎編-1 商品名のルール

YahooショッピングのSEO(サーチ対策)について YahooショッピングのSEO(サーチ対策)

記事を読む

Yahooショッピング SEO(4) 発展編-1 キーワードの探し方

YahooショッピングのSEOについて、今までの投稿では商品情報をどのように編集すると順位が上がるか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
楽天ペイ(RMS)で効率的に受注管理するには?

楽天ペイは今までの受注管理、R-Backofficeと異なりステータス

Yahooショッピング SEO(7)3月14日から低評価でペナルティ

Yahooショッピングで2017年10月に発表された、評価が悪いショッ

no image
楽天Goldのhttps:修正手順(SSL対応)

楽天Goldを使っている場合のSSL修正の手順 Yahooショッピン

no image
Amazonセラーセントラルの乗っ取り多発!二段階認証を

Amazonで詐欺出品者が急増中 Amazonセラーセントラルで、以

no image
Yahooショッピングの常時SSL(AOSSL)で厳密に置換したい場合

Yahooショッピングの常時SSL(AOSSL)、トリプルはどうするか

→もっと見る

PAGE TOP ↑